「T」さんコメントありがとうございます。

Dsc03263 全国の慢性前立腺炎の皆様、本日もご闘病本当にお疲れ様です。

私の旧式サイバーショットではこの素晴らしい美しさを現実の10分の1もお伝えできない事が悲しいですが、「小樽道の明かり」です。

ごく簡単に申し上げますと、雪と蝋燭の明かりのコラボです。

ロウソクと雪。北海道民にと

Dsc03266 ってはとりわけたいしたものではありませんが、これが上手く交わると夢のような美しいおとぎ話の国へと、疲れきった中年男も誘ってくれる程の「ファンタジー」です。

現在少し酔っているのですがよろしくお願いします。今日は安ウイスキーに(サントリーブラックニッカ。890円位で購入)、レモンを絞って、氷たっぷりでやっています。美味し!!です。

Dsc03264 「T」さんコメントありがとうございます。もしかしてT先生ですか?病床にしん吟(変換されませんでしたしんは口偏に申す)し彷徨する哀れな私を見かねて、改善させる自信と確信を感じ、Tクリニックに誘ってくださっているのでしょうか??違うかも?失礼いたしました。

>>「もはやTクリニックしか治る望みはないと思います。
私の経験から、まず間違いなく」

「T]さん、その根拠はなんですか?やはり自身が改善されたと言うことなのでしょうね!?詳細を求む。

>>「顕著な排尿障害と、それによる関連痛だと思います。Tドクターは、とても患者思いの素晴らしい医師です。安心してください。」

Tさん、(T-PainのTではないですよね!?)やはり、私は排尿障害があります。尿勢が酷く弱いのですからしかりですし、エコー検査にても尿管の拡張・腎盂・PUJの拡張所見が月日の経過と共に出現してきたので、これは排尿障害の影響であることが間違いないと思います。顕著な、著しい、排尿障害です。 排尿障害があることは間違いがないようです。

>>「日本であなたのような病状を診断でき、かつ治せるのは、現在のところ、彼しかいません。」

おっと!!マーティン・ルーサー・キング牧師のような影響力のあるお言葉。(私には)

マジですか?その根拠は? ん~。一度は診て欲しいと確かに思ってますよ。だけどなんで伺っていないのだろう。 なんでかな。

Dsc03267 運河に浮かぶ雪に包まれた無数のロウソク。

それは、溜息の出るほどの美しさ。今日はプラス1度~マイナス1度前後の比較的暖かい夜。

だけど、手足は凍え、吐く息は真っ白な夜に見る雪の中のロウソクの灯火。

ここは、小樽の朝里という所。札幌の雪祭りもいいですが、小樽道の明かりの方が大人のカップル(独りでも勿論OK)には感じ入るものがありそうだ。是非来て小樽のファンタジーを感じてください!!

僕は昨年から札幌から~小樽市民に変わったんですよ。今ではすっかり。海と、山の子供だ。(酔っててスイマセン)

T先生に1度診てもらうかな!?東京か、今の僕には遠いな。お金ないから。歩いてはいけないし(海がある)。行ったら六本木ヒルズに、ミッドタウン、サンシャイン60(古い?)を写真に収めなくてはならないし。(高層オタク)

でもね、毎日辛いよ。体が180℃逆転。ほんとにT先生は治してくれるの??

でも、「T」さんありがとう。

今日、以前から持ってたアルバム「スティーウィー・ワンダー」の「木星」のライナーノーツを読んで、改めて歌詞を見た。凄く感じ入るものがあって、歌詞を読んでいる間に涙が出た。とっても良い曲だ。お薦めです。

きっと、いつか、オレンジの雪を見る日が来るのかもしれない。

Happy People Baby.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

全国の慢性前立腺炎で苦しまれている皆様方(慢性前立腺炎患者様)、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

久々の更新になります(病気は明らかに亢進、今年は免許も更新、いつかしたいぜ宇宙人と交信yhaa)

昨年末から、頂いたコメントの返信を、僕もコメント欄に書くようにしてみたのですが、(toくらしさん、りんりんさん)やはり、ブログのメインページに返信を書くほうがしっくりきますので、従前の形式に戻させていただきます♡

こうさんコメントありがとうございます!!

>>「960です。まさか自分の発言が、木村先生やしんさんに取り上げて頂いているとは思いもせず大変恐縮です。」

こちらこそこうさんのお気持ちも察せずに、易々と軽い言葉を並べてしまいまして本当に恐縮しております。

>>「自律神経失調症(慢性疲労症候群疑い)と慢性前立腺炎を併発し、1年半になります。疲労感、痛み、うつ状態がひどく休職中です。」

こうさんのくださった文章を拝見しましたところ、私と同等か、それ以上に重症なのだなあと、自分の事のように身につまされて感じていたのですが、こうさんは罹患1年半で現在のような前立腺の前摘を考るほどの状況でいらっしゃるのですね。 僕は今年の2月で満9年、とうとう10年目を迎えようとしています。僕も掲示板や書籍、医師からこの病気の患者さんの症状などを見聞きするなかでは、非常に重症で特異なケースの部類なのだと自覚しておりましたが、こうさんも僕同様、症状が非常に重く大変な状態なのだと心配しております。

>>「慢性前立腺炎と戦って来ましたが、この体のコントロールを失った状態(動悸、倦怠感、夏の異常発汗、わき腹や尾骨周辺、会陰部の痛みなどなど)が続いています。」

「体のコントロールを失った状態」と言う表現は僕にもピッタリと当てはまります。動悸→僕もこの疾患に罹ってから5年程経ってから起こるようになりました。(循環器系も調子悪くなってきました)ですが、動悸に至っては、脂質の高い食べ物を控え(焼肉や、揚げ物、パスタのカルボナーラなど)、果物や野菜を多くとるように食生活を変え、ジョギング(これが結構効くみたいですよ。間寛平さんも不整脈がジョギングはじめて治ったと言っていました。)をするようになってからおさまっています。

倦怠感→発症から現在に至るまで悩まされております。少なくない症状の中でも屈指の悩みです。ですが、上記のような食事に移行していった事と、就寝時間よりかなり前に、晩御飯を比較的軽く済ませ、夜食は摂らない。(要は、夜にあまり食べないと言うことですね)その分朝と昼にウエイトを持ってくるという食生活に変えてから、だいぶ倦怠感が軽減されています。と言うのも、元々朝寝起きが悪いタイプ(遅刻の常習犯?)だったのですが、それに輪を掛けて疾患の倦怠感に、体が調子悪いことで憂鬱な気持ちにより、心のどこかで朝が来ることを忌避している部分があるという心理的な面とが重なり、3重苦で寝起きが益々悪かったのですが、「夜に食べないと朝が凄くスッキリ起きれる」(略)と言う話を聞きまして実行してみた所効果はバッチリでした。朝だけでなく、終日固定化していた倦怠感までも軽減しています。 かなりお腹が空いてくじけそうになりますが、効果がはっきりと出るので何とか続いています。お正月はくじけましたが(笑)それにしても健康な時と比べると比較できないほどの倦怠感は残っていますが。

汗の異常発汗→同じくあります。僕の場合は、夏に限らず、1年中、「ベター」とした嫌な感じの汗をかくことが多くなりました。多分、自律神経が緊張した状態が続いている事が原因かとも思います。

わき腹や尾骨周辺、会陰部の痛みなどなど→脇腹、恥骨周辺の痛みは僕はそんなにありませんが、会陰部は酷いです。

>>「あの板に散在しているので、見ていただいたかもしれませんが、スタンフォードプロトコルの情報や、イタリアに行って抗生剤や真菌剤のカクテル注射を受けたのも私です。(結局、症状に改善はありませんでしたが・・・)。そして、最後に残されたのが、あの前立腺と精嚢の全摘の情報です。(実際にDr. Krongrad とはメールのやり取りを何度か致しました。)しかし、最近はアメリカの患者の会のコンセンサスがそうであるように、切っても治らないだろうと思うようになりました。(お察し頂けるとは思うのですが、日によって全摘に心が揺れ動くのも事実です。Dr. Krongradによると、成功率は7/7で、その中には、20年来苦しまれた麻酔科医も含まれているとのことです。)」

僕もネットや書籍を見て、東北や、関西などの病院は訪ねましたが、こうさんは海外まで行かれているのですね!正直驚きです。多分、患者としてこの疾患に対して有する知識と、治療を受けていると言う面ではこうさんが1番ではないでしょうか。

僕は全摘については、現時点ではやはり一つの「懸け」になってしまうのではないかと思います。もうかれこれ6年ほど前になりますが、当時は前立腺炎の治療に熱心な(一般のDrと比較してですが)東北地方の先生の元に行き10日ほど入院しました。その先生は、集中したマッサージのアプローチで前立腺炎を改善させると言う手法でしたが(残念ながら効果はありませんでした)、難治性の慢性前立腺炎の患者さんに懇願されて全摘をしたのだそうですが、それでも患者さんの症状はほとんど変わらなかったそうなのです。(書籍でも読みましたし、実際手術したDrからも聞きました。) 全摘の手術方法の違いがDr. Krongradとではもしかすると違うのかもしれませんが、それを差し引いてもやはり全摘は現状では懸けになるような気がします。ですが、僕自身は全摘を現状では考えておりませんが(変わりに痛む方の精巣摘除を考慮しています。ので立場は似ていますね )各々の患者さんのQOLとの兼ね合いを考えますと、全摘を決して否定はしません。状況によりオプションの一つになりうると思います。

>>「日によっては、前立腺の全摘で駄目なら、(人によっては耳障りな表現だとは思いますが、)下半身全部持って行かれても良いとさえ思うこともあります。妄想の域を出ませんが、生きたまま冷凍保存してほしいと思うこともしばしばです。このような状態になって、肉体と精神とは、こうもか弱いものかと思い知った次第です。」

こうさん、もしよろしければお逢いしませんか!?突然でスイマセン(笑)

僕は仕事を辞め昨年まるまる働かずに(仕事を出来ずに)年甲斐も無く予備校に通っていました。(国家試験受験の為)試験もおかげさまで無事終え、今年、平成21年度は自分の体を守りつつも一生懸命働きたいですし、働かなければいけません。

それで現在就職活動をしこしこと始めたところなんです。それで、昨日面接の帰りに札幌では数少ない高層ビルのバーで、(僕は高層建築物にロマンを抱くタイプです 笑) 夜景を見ながらこれからの前途を考えていたのですが(やはりベースは全て体のコンディションをどう改善し、また、変えられない部分をどう受け入れていけばよいのかになります)現状の」体の状況を考えるととても不安でなりません。そして思ったのが、

罹患して9年間経過しますが、同病相哀れむともいいますが、同病の方と(重症の患者さん)僕はまだ1度もお会いしたことが無いのです。

僕は、一人では何も出来ないし(病気に対して)又、医師も決してパートナーにはなりえない事がわかりました。(少なくともこの疾患に関しては)勿論、最終的にこの疾患を治すのは医師かもしれません。(手を加えるのは)しかし、そこまでの状況に持っていくには医師ではないパートナーが必要だと切に感じました。 それはやはり、同病の患者さんではないかと思います。

独りでは何も出来ないと痛切に感じました。では、同病の者が二人では何が出来る?と言われても確かに、励ましあったり、モチベーションを高めたり(疾患の克服だけではなく、日々の仕事、私生活に対しての)、ささやかな情報交換したりと、大それたことは出来ないけれど、それでも一人で悩んでいるよりは大いに良いと思うのです。

そこで勝手にも白羽の矢をこうさんに立ててしまいました。(×ゲームに当たったみたいでスイマセン)

そんな感じでいずれは、患者さん同士が集まれる場が出来る事を僕自身強く望んでいます。

やはり、友達にもこの疾患の事で「辛いんだよ~」「どこの病院に行っても治らないんだよ~」「痛いんだよ~」「けして健康じゃないんだよ~」「全部病気が悪いんだよ~」と言い続けても友人にもうんざりして嫌われますし、自分の評価も落としかねません。(僕のことです)

僕のケースでは→社長に対して体の変調を何度も言っていると→「しんちゃんの言う事もうまともに聞かんわ!!」(爆笑)

友人に対して言っていると→「相当変だよ」「まいっているね。フッ」      「絶句」

と言う感じでしたとさ。 (みんなゴメンよ)

こうさん、お忙しい所大変恐縮ですが、もし、私などのような者でも、少しでも話して晴らせる鬱憤があれば、微塵にでもスッキリ出来る所があれば、是非お逢いしてくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「くらし」さん「りんりん」さんコメントありがとうございます。

慢性前立腺炎で悩み、苦しまれている方々、今日も闘病本当にお疲れ様です。

私の方は忙しかったのが、落ち着くかなと思ったら、ぼやぼやしている内に、再び忙しモードに突入みたいですわ。

「くらし」さん、いつもありがとうございます。アルファーブロッカー効いてくればいいですね。僕もフリバス出してもらったのがあるのですが(もう結構前に)、飲むタイミングを計りつつ未だに手つかずです。 そけい部の痛みですか、私はそけいぶはあまり痛みませんが、辛そうですね。症状の変化と効果を見ながら、骨盤運動するのも良いかもしれませんよね。ボルタレンは多分膀胱鏡検査の際に入れた薬だと思うのですが、効き目のかなり強い座薬だと感じました。 抗生物質とボルタレン、確かに体にはかなりの負担が掛かりそうですよね。(特に腎臓、肝臓などに) 

「りんりんさん」コメントありがとうございます。フロモックスはこの2ヵ月くらいで6~7錠も飲んでいないと思います。それで痛みが引いたのが持続するのですから???です。因みにこのフロモックスは泌尿器科から出たものではなく、内科から「風邪」用として出されたものなんですよ~。

フロモックスにて痛みがかなり軽減していますが、「電車に立って乗っているとき」「座ってディスクワークを長時間行っていて、その後、寝るためにベッドに横になったとき(体の状態を大きく変えたときなど)」に差し込むような痛みが右精巣、前立腺(特に右精巣)に短時間で起こる事があります。

多分フロモックスを隔日で1日1錠位のペースででも飲めば、差し込むような痛みも抑えられそうな感じがしますが、腎臓に負担が掛かる事が怖いのでしていません。

慢性前立腺炎の皆様、少しでもよくなりたいですね。

私は、改めて今更ながら、ここ北海道の自然の美しさの奥深さにとりこになってしまいました。近くですが登山したり、先週末からは知床に(世界遺産)行きましたよ。果てしなく広がる大空、広大な大地そこで生活する野生の鹿や、狸、野鳥の姿に感動のラッシュでした。

お読みくださってありがとうございます。

                                                    Hope

| | コメント (2) | トラックバック (1)

It's a Man's Man's Man's World

Dsc02790 朝起きて、飯を食い、近所を散歩。海沿いの古びた板張りの建物が非常にいい。温もりを感じる。

横にはJRの線路。茶色い砂利の山とレール。

大好きな散歩道だ。

Dsc02791

いましたいました。サーファーの皆様方。

Dsc02792

とっても気持ち良さそうです。ネットサーフィンは足を洗い、サーファーになる事を誓いました。でも、私は泳げません。どうやったら最短距離でサーフィンデビュー出来るか考えています。

話しかけさせていただいた方は、湘南から来られたとの事。私もサーフィンが人並みに出来るようになれば、全国をボードを車に積んでさすらいたいです。

皆様こんにちは!!本日も慢性前立腺炎でのご闘病本当にお疲れ様です。心砕かれる病気ですが、お互いにファイト!

私は、慢性前立腺炎の発症に、尿=オシッコが 何らかの影響を与えているように思えます。前立腺炎について書いてある医学系の本などを見ると、たまに「前立腺組織自体への尿の逆流などが原因と考える説もある」というようなことが書かれているのを目にしますが、私も慢性前立腺炎には、少なくても前立腺自体プラス精嚢に尿がなんらかの悪さをしていると思えます。

非常に特殊な例でしょうが、おいらは約8年7ヶ月前の罹患直後から(尿閉になり、4時間くらい腹圧をかけて、力ずくで排尿しようと思いきり踏ん張り続けたのが原因)目玉の白目の部分がいつもと比べて著しく「黄色っぽく」なった。

オシッコの勢いも1/10位になった(罹患直後の一番酷い時。現在は5~7割程度に回復)

シャツや、寝具などがほんわりと尿臭くなる事が多くなった。

などの事を含めて、尿が何らかの形で少なくとも前立腺及び精嚢部分に何らかの悪影響を及ぼしている気がします。

合せて症状としては、

脂汗をかくようになった。顔もとても脂汗を常にかくような状態。常に全身(特に顔)汗っぽい。

胃が強烈に悪くなった。何をしても常にもたれて苦しい。スッキリしない。

全身の激しい違和感。

その他(ここらへんにしておきます。)

尿が前立腺と精嚢に何らかの悪影響を与えているのと、尿勢が著しく悪くなったのでそのことにより、尿流の変化?なども何らかの症状発現に関係があると思います。尿の出が悪くなる、尿勢が著しく弱くなる=どこかにスムースに出ない抵抗があると思います。どこかにその分負担が掛かってしまっている。

私の場合は特に、罹患前・後の一夜にして尿勢が10だったのが1.5位までダウンしたので、徴候が少し少しあり、慢前に罹患した方よりも、症状の出方が激しく、特異的なのかもしれません。

前立腺・精嚢への尿の影響。排尿の変化による影響。

この二つが前立腺炎に大きく関係していると感じる今日この頃です。

罹患者の皆様、正直、「頑張りましょうとか、頑張ってください!」って聴きなれていて、「もう充分頑張っているんだよ、軽々しく言うなょ・・」と思われることも多いと思います。おいらも最近そう感じることあります。

なので、「やすらかに・・・・・ハッチャキましょう!!」

                      Hope

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「くらし」さん「りんりん」さんコメントありがとうございます。

慢性前立腺炎で悩まれている皆さん、今晩は。

私の方は相変わらずですが、フロモックス(100mg/day)の服用でとても辛かった右精巣痛が消失するという状態であります。 これには助かっています。しかし、全身の体調が優れないせいか、服用で下痢や便秘などの胃腸障害や、倦怠感などの副作用があるので、頓服のように使っています。

「くらし」さん、私も今更ながら、一度見切りをつけた抗生物質の効果を今頃になり感じています。 奥が深いですね。 でも、閉塞状態だった状況から再び一つの選択肢を得たような感じでまんざらではない気持ちです。症状落ち着いているとの事で、益々良くなる事を願っております。

「りんりん」さん、それが、如実に酷い精巣痛が消失したので驚いています。過去の苦い経験から、微塵にも効き目が感じられなければ、私も5日間の服用が限度と感じています。副作用もありますので。

ほんの少しでも改善を感じられれば、私も確実な希望を持てるのですが。 皆様の症状の軽減をお祈りいたしております。 現状ではそれしかできませんので。

Dsc02769

すっかり野菜、穀物、果物メインの食事になった私の、ある日の昼食。塩もつけないで、コショウを軽~くふって食べます。それだけで最高に美味しい「北あかり」と言ういもです。

いもを頻繁に、調理しないで食べるようになり気付いた事が。

いもは大きければ大きいほど美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「くらしさん、りんりんさん」コメントありがとうございます!

Dsc02689 日々慢性前立腺炎で苦しまれている皆様、本日もお疲れ様でした。

「くらし」さんコメントありがとうございます!

バレオンはニューキロノンなのですか、私は処方されたことがありませんでした。お薬が合っているようで何よりですね。完全に消失を願って止みません。

実は、先達て循環器内科で風邪薬にとフロモックス100㎎を他のかぜ薬と併用の指示で出されていたのですが、その余った物を一昨日精巣痛があるときに服用してみました。(1T/day)すると嘘のように精巣痛が軽減というか消失しました。驚いて昨日も飲んでみたのですが、精巣痛は無かったです。副作用としてお腹の具合が如実に悪くなったので、本日はフロモックス抜きました。すると精巣痛出現!

今更ながらですが、なんか驚いています。フロモックス服用のきっかけが、書店で医療系の雑誌を立ち読みしていて、抗生物質の使い方、効果等について一冊丸々書いていたので、それを読んで触発されたのです。

「今更」というよりも、「新たに」今まで服用していない抗生物質などをメインに、試してみたいと思っています。

現在、非常に摂生したからだ思いの生活をしているので、こういう状況では抗生物質も効きやすく?なっているようにもなんとなく感じます。

以前は、今改めて考えてみると、酷く不摂生な生活だったので、抗生物質をはじめとする薬を服用しても、その効果が出ずらかったと言う側面もあるかもしれないし、何より、僅かな効果の徴候なども見逃していたと思います。

ウリトスはまあまあですとのこと、また状況教えてくださいね。お互い頑張りましょう。

「りんりん」さんコメントありがとうございます。お互いバランスを保って(心身ともに)どぶの中でも前のめりで何とか行きたいですね。お互い休憩も必要ですね。(私は休憩が長すぎるか!!)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「りんりんさん、wamismj」さんコメントありがとうございます!

慢性前立腺炎で苦しまれていらっしゃる皆様、本日も本当にお疲れ様です。

昨日就寝が遅かったので、今朝「渡辺篤の建物探訪」が見れなくて淋しいです。以前はBSでお昼くらいから見ることができたのですが、今はその環境がないので朝しか見れないのです。HDDもっていなく、PCのハードディスクには録画できるのですが、地デジ対応していなく、アンテナ購入していませんので×。ビデオデッキはありますが、最近使っていません。ゆえ今回は、残念!!(結構ブルー、僕には大きな出来事かもね)

「りんりん」さん、こんにちは!「お待ちしていました。wink」(な~んちゃって)

>>「私も時々痛みが出ますが、もーあきらめてます。現代医学にも
見放されて、くすりも効かないし、もーあきらめて暮らしてます。

ほんとにそうですよね。確かに考えれば考えるほど絶望的になる。私は罹患5年目の17年が精神的にまいったピークでした。仕事まで手に付かなくなったのが決定打でした。現在でも、虚しかったり、現状・将来に多大な不安等、心配は尽きません。でも、普通じゃない体(今までと違う)治らない疾患に、抗する一辺倒ではなく、やっと、少しだけど不自由過ぎる現状を受け入れつつ、代替医療、民間療法なども含めてゆっくりと(しかたないので)少しでも良くなる事に向かって持病探訪するしかないかぁと思っていますよ。

>>「もーこーなるとせせこましい医者の力説なんぞどうでもいいわ!!治せないんなら弁護士みたいな話をするなと言いたい。
以上。」

お気持ちは痛いほどわかりますが、まぁまぁ。(笑)確かに、ドクターショッピングにて初診で伺って、前立腺液の採取などもしないで「前立腺炎だね。気にしすぎなんじゃない?」「薬いるのいらないの?」的な診察を受けた際には、怒りがこみ上げてくる事もあります。(チキンハートなのでほとんど怒りよりも失望感ですが)それを数年間に渡り述べ数十回も行ったのですから、心も折れます。お医者さん不振にもなります。正直私、この疾患になり相次ぐドクターショッピングの心労でお医者さん恐怖症にもなりました。でも木村先生や、アルファベット先生は 

そうじゃないッスよ。掲示板の顧問(相談役?)してくれたり、建設的な議論の場を提供してくれている。強い関心を持っていてくれている。治せないけれど、患者に貢献してくれていますよ。本当に。 患者に対する同情心も持ってくれている。(厄介な疾患になってしまったねって)日本中・世界中?どこのDrでも現状では治せないわけですから。

ありがたいと僕は思って、感謝していますよ!

 時には愚痴を言い合ったりするのもOKと思います。 気功などはもうやられていないのですか?とても興味があります!

「wamismj」さん、お久し振りです!コメントありがと言うございます!!

私は、ご覧の通りですがなんとかおかげさまでやっております。ヤフー掲示板が 閉鎖されていて驚きました。いつも拝見しておりましたが、特に有益と思われる情報も持ち合わせていないため、書き込みは控えておりましたが、近況でも報告しておけばよかったかなと、後悔しています。

NIHスコアが減少したとのこと、良かったですね!私も嬉しいです。(私もそういうことを早くご報告したいです)

情報ありがとうございます。仰られるとおり精巣は少し硬いです。(痛いほうのみ)今月いっぱい~来月の半ば過ぎまでちょっと時間に追われていますので、来月下旬に心機一転して試してみたいと思います。服用中の勃起力減退は問題ありませんが、(テレビ朝日の河野明子さんのような彼女がいれば別なのでしょうが)その他の大きな副作用等留意しなければならない事ははとくにないでしょうか?抗男性ホルモン剤服用は初めてですので少しビビリですチキンなもので(笑)

wamismjさんからコメントをいただけて思ったのですが、wamismjさんは、この疾患になられてから、「ニキビが多くできる」ようになっておられましたよね。じつは、私は元々顔が油肌(油性)なのですが年齢と共にだいぶ治まっていました。それが罹患してから、ニキビまではできていませんが、学生時代に増して油肌になりました。 体が過緊張しているせいか、否か分かりませんが、体も嫌な汗がじわじわとかくことが多くなったのに伴って、顔の油性も凄くなりました。やはりwamismjさんの言われる、自律神経・ホルモンの異常からきているのでしょうか。今まで下半身の方にばかり心が向いてしまっておりまして、ご報告が遅れました!

りんりんさん、wamismjありがとうございました。 改善に向かっていろんな沢山のアプローチで近づい行きたいです。

Dsc02666 う~ん、

Dsc02661 毎日海だ。

                                                                              小松菜。Dsc02627 北海道は寒いので、もう次の収穫は無理そうです

ペットの食事になります。朝起きると畑から抜きます。

Dsc02668 人気者。

「社会復帰?」

ふっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬のコンボで良いのがあれば御一報頂きたく存じます。

全国の慢性前立腺炎で悩まれて・苦しまれている皆様方、ご闘病本当にご苦労様です。

Dsc02483 非常に遅すぎですが、以前サーノ博士の本が話題になったことがありましたよね。もう1年半くらい前になりますか?もっと前になりますかね。私はwamismiさんの掲示板で見て、話題の当時購入しました。3分の1くらいは当時通っていた鍼灸院の待合室などで読んでいましたが、その後手付かずになっていました。残りを今年に入ってから(1月くらいに)読み終えました。

本の感想は「思ったより悪くない」と言う感じでしょうか。 恐縮ですが読んで治る・改善すると言う期待は抱いておらず、どのようなものか興味心で購入しましたが、読まないよりも読んでよかったですし、時間があればもう一度くらい読み返してみてもいいと思っています。 読んでよくなる、よくならないと言う考えは読むに当たって全く心に無く、本書の考え方を、自分の考え方の一つとして(いくつかあるであろう病気の捕らえ方の一つとして)知っておいて良かったと思いました。

特に病気が長引き、気力のモチベーションが低下傾向にある時に、身体に変調を来たすと「この症状も持病からきているのではないか!?」と思いがちになってしまいやすい傾向(起きたことにもよりますが)に陥ってしまうこともなきにしろあらずと思うのですが、そんな時に結構役立ちそうな気がしました。長期の慢性病で悩んでいる人には少なからずためになる個所があると思いました。

話が変わりまして、過去に服用した薬の履歴を見ていまして、その組み合わせに、「これ結構良いのではないか!?(効果出そう)」と感じるものがあります。

例えば平成15年の服薬で、クラビット、ソランタール100mg、エブランチル150mg、リーゼ5mg、セルニルトン。の組み合わせ。 又は、エブランチル150mg、ロキソニン60mg、ビブラマイシン100mg、ホリゾン2mg。 薬の効能を見ると、抱えている様々な症状に対して非常に広範囲に効いてくれそうな感じがします。 例えば、尿勢向上には至らなかったが、前立腺痛は軽減し、精巣の痛みも若干楽になったですとか。

あるいは、痛みは変わらないが尿勢が少し良くなって会陰部の不快感がなんとなく軽くなった。ですとか、薬の効能を見ると大小あれど必ず何らかの改善ポイントが現れないはずはない感じが、非常に強くしますが、当時服薬してのコメントには「服薬○○日目くらいから、全身の倦怠感が強くなってきた。服薬後頭がボーットしてしまうこともある。明らかに現在飲んでいる薬の副作用と思う。」 と言うような感じで、1つも良くなったポイントが無い。そのうち、「服薬していると倦怠感強いことが多く、軽快するところもないので止めることにする」となり→「あっ、またこの薬か。飲むのはパスしよう」という流れになり、いつの間にかこのパターンが定着してしまうことに。

さすがに現在では、好ましくないお薬は事前に頂かないようにお話しますし、試してみたい薬は希望しますが。 それにしても一度、風邪で座薬を入れて1時間後には「これでもか!」というくらいに効果が現れるように、前立腺炎の薬でもそう言う感じを味わってみたいです。そこまでは望みませんが、数日服用して、「あれっ、なんか調子いいぞ!」くらいのレベルをもういい加減にそろそろ味わってもいい筈です。(薬に限らず)

まあ、暖かくなってきたのでいいこともあるでしょ。     HOPE

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ボルさん」コメントありがとうございます!!

全国の慢性前立腺炎の皆様方、闘病本当にご苦労様です。ここ札幌も春めいてきまして、暖かくなり本当に嬉しい限りです。

「ボルさん」またまたお返事が大変遅くなってしまいまして本当にごめんなさい。いつもコメントありがとうございます。

>>「例えば休職して治療や手術等で方向性が見えれば、休職をするでしょう。でも休職して治る保障がないため、そのままだめになりそうで踏み切れていません。痛みを我慢して会社に何とか行っている状態です。」

仰るとおりですね。私が過去に長期休暇を取ったのは、①福島県の泌尿器科に前立腺マッサージを集中的に受けに10日間。 ②京都の泌尿器科に鍼治療を受けに1ヶ月強の計2回です。 しかし、悲しいことに私の身体は微塵にも反応してはくれませんでした。

現在は身体がもうどうしても仕事に対応できなくなってしまったために、雪で作ったかまくらで生活ています。パソコンだけ持ち込んで。(冗談です)

痛みと戦ってなんとか通われている現在の姿勢がベストだと強く思います。やはり休職や、転職などは考え方や置かれている諸状況により様々でしょうが、本当の限界が不幸にも訪れてしまった場合のみに考えられる選択肢ではないでしょうか。 ボルさん頑張れ!!

>>「幸い私の上司が良い方で病気を理解してくれており、仕事をサポートしてくれております。上司だけではなく家族を含め周りの環境の良さにただただ感謝です。でも病気はマイナス思考では治りません。プラス思考でお互い頑張りましょう。」

凄く幸せな環境にあるのですね。羨ましいです。身体が不調の際の周囲の人の優しさには本当に感謝してもしきれないものがありますよね。周囲の方々の暖かい支えもあることですし、少しづつでも着実に良くなられることを心よりお祈りいたしております。 そう、こういう時だからこそプラス思考は大事ですよね。

早速コメントをさせていただきますね。「ボルさん」のブログには今までの経過が一目瞭然となる表があり凄いと思いました。本当に分かりやすく、思わず「長々とへたくそな文章を書いている僕って・・」と思ってしまいました。

しかし、この疾患が原因で休職や転職をされた方ってどれくらいいるものなのでしょうか?けして多いケースではないと思いますが。また、休職や転職の動機となる症状が、本当に慢性前立腺炎による症状なのか?と言う問題もあると思えます。 会陰部が痛く10分と座っていられないなどの症状ですと断定しやすいような気がしますが、慢性前立腺炎から起こっていると思われる不定愁訴の中には、実際には慢前と相関関係に無い症状もあるように思えます。

ここら辺のお話をさせていただきたいのですが、私のまとまりの無い文章だと1週間くらい掛かりそうですので(恥)少し少し書いていければと思います。

しかし、先が見えない疾患ですね。完治させて欲しいとは言いませんが、せめて僅かにでも改善してくれたらなぁ。 色んなことのモチベーションが一気に高まるのに。

Dsc02460_2

写真は札幌近郊の海です。老若男女を問わず、傷んだ体を癒す為に海沿いに引越ししょうと考えました。(検討中)海があり、山もある。最高です。潮風が気持ちいい!!

Dsc02459

嗚呼、海鳥よ・・。俺はこの先何処へ流れてゆくのか。根無し草のようにURO巡礼するのか・・。 (海岸なので少しハードボイルド)

診断名は同じ「慢前」でも、人それぞれ特徴があると思いますが、私の場合は罹患から身体が非常に過緊張状態にあるようです。 マッサージ師さんなどは「とても身体が硬い」と揉んでいて言われます。「慢前」→ 「身体が常に過緊張状態」→「様々な悪い症状。」 はぁ~っ、どういうことだろう。私の場合は身体の過緊張が緩和されればかなり改善が見込めそうです。

皆様、辛いですがなんとか今日も頑張りましょう!!

                   HOPE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頑張りましょう!

全国の慢性前立腺炎で闘病中の皆様方、本当にお疲れ様です。自分で苦しみを痛感しているだけに、適当な労いの言葉も浮かびません。

日本狭しと申しましても、やはり広いようで、梅がちらほらと開花する地域もあるようですが、地球温暖化もなんのその、現在でも豪雪で除雪に苦悩するここ北海道ではまだまだ雪祭りの余韻が抜け切れません。(本当か?)そこで遅ればせながら、私が選んだ雪像ナンバー2!!

Dsc02452

タモさんです。昔は砂浜の上を四つん這いで下をペロペロさせながら、カメレオンの真似をして歩いていたタモさん。いつもどこかペーソスな香りが漂っている所が◎

先日ホテルの温泉に日帰り入浴していて感じた事がありました。ゆっくり風呂に浸かった後に、身体を洗い、そのまま鏡の前で椅子に座ったまんま「ぼーっと」放心状態で見るでもなく鏡を見て座っていました。手持ち無沙汰な手が無意識にお腹についた水滴をゆっくり追っていました。

気持ちよくなってぼーっとしながら、身体に着いている水滴を意味も無くゆっくりと指で払っていました。そのうち手はほとんど意識する事無く自然と背中の腰の辺りを拭うというか、撫ぜていました。手が少し下に降りて臀部の辺りをかる~く撫ぜたその時です、鳥肌が立つような「ゾクゾク」とした感じがして、今まで全く感じていなかったのに瞬時に「とてもオシッコがしたくなりました。」

どういう事かと申しますと、皆様にもよろしければ是非やってみて欲しいのですが、顔でも腕でも首筋でも、自分の手で触れるか触れないかという微妙な感じで肌の表面をゆっくりと移動しながら触っていると(撫ぜていると)、非常に「ゾクゾクする感じ」「こちょばしい感じ」がすると思います。(子供の頃に友達と交代でやりあったりしました) 私は浴場の椅子に座りほとんど無意識で身体を撫ぜその感覚を感じていました。微妙なこちょばしさとゾクゾクした感じが気持ちよかったのだと思います。それをお尻周辺に行っていると、突然に急速に尿意を催した訳です。

その時思いました。「外部からの、たかがこれぐらいの刺激でこれほど急に尿意を催すと言うことは、泌尿器の軽微な器質的変化(Drが画像検査などで確認しても異常所見とみなさない程度の)や機能の低下といったことでも、充分頻尿などは起こりうると。 膀胱は(泌尿器は)想像以上に凄く敏感でデリケートなんだと身を持って実感しました。」

そして、これは当然のように慢性前立腺炎にも充分あてはまると感じました。Drからすると異常所見とまでは言えない様な軽微な異常→患者には大きな症状  なのではないかと感じます。

私の泌尿器の軽度の器質的変化(異常)、機能的低下が→→ 大きな症状を生んでいる!? のでしょうか。

さてここで、雪像ナンバー1!!

Dsc02453 機関車トーマス君です。落ちがついていないぞ!!と言われそうですが、理由は家のペットのリクガメにそっくりだからです。(顔が) ペットが可愛いのはトイプードルも、リクガメも同じなのです。 このトーマスは口元が少しエロイですね。

最近になり自分の体について理解できたことなのですが、非細菌性慢性前立腺炎・精巣痛になってから、身体に酷く違和感があり、それゆえ身体が常に非常に過緊張なのです。「寝つきが悪くなった」「胃の具合が酷く悪い」「血圧が高くなった」etc・・多々ある辛い症状のほとんどが「常に酷く身体が緊張している状態の継続」から来ていると考えられると感じています。 現在血管がかなり年老いている(動脈硬化)の症状もあるのですが、これも「常に身体から緊張が抜けない」というストレスが大きく関係していると思います。 過緊張のストレス→高血圧→動脈硬化という図式も成り立ちます。

どなたかこの疾患になってしまって「体の過緊張」を感じている方いらっしゃっいますか?いらっしゃったら症状等教えてください。

私の様々な(あまりにも多種多様な)不定愁訴は、ほとんどが「継続した身体の過緊張」によって起こっていると感じています。

私の場合は、「疾患→多種多様な症状」 ではなく、 「疾患→強い違和感→持続した身体の過緊張→多種多彩な症状」 だと思います。

この「身体の過緊張」の話は次回に続きます。

非常に考えれば考えるほど奥が深く、分からなくなりがちになってしまう疾患ですが、少しでも改善すれば大きな自信と喜びが得られると確信がありますので、皆様どうか頑張りましょう!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)