« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

「ろはさん、ひろさん」コメントありがとうございます!!

全国の慢性前立腺炎の皆様、今日もご闘病本当にお疲れ様でした。

「ろはさん、ひろさん」沢山のコメントありがとうございます。

お二人ともTクリニックにて受診歴があるとの事で、コメントを拝見していて大変勉強になります。これからもどうか対話形式などで忌憚無くコメントなどしていただけますと、私を含めTDrについてもっと知りたいと言う患者さんにとっても非常にためになると思いますので、どうかよろしくお願いいたします。

さて、前回「ロイヤルゼリー」が慢性的な強い倦怠感・持久力の低下に対して良い兆候があったことを申し上げましたが、今回僕が如実に「効果あり!!」と感じたサプリをご紹介させてください。

それは、「DHA」です。それも、何か高価なものではなく、ドラッグストアーでも一番廉価な部類のDHCの「DHA」です。実は、このサプリは、国家資格を受験した際に少しでも当日に頭の働きが良くなるようにと、おまじない的に購入したものでした。(試験日から遡って5日間くらいは毎日、新鮮そうなマグロの刺身を食べていました。また、蛇足ですが、当日は「頻尿」対策として「使い捨て紙おむつ」をしてその上に日本男児の象徴とも言える(?)「白いふんどし」を〆て挑みました。)ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

実は、本当に不思議なことなのですが、この疾患になって体調が悪くなってから、「記憶力」が著しく悪くなったのを常に感じており悩んでおりました。特に今回全くの異業種に再就職をしたので覚えなくてはいけないことが山ほどあり、その際にも本当に頭の回転が鈍くなり難儀しておりました。そんな中、ふと、翌日に備えて寝る数時間前にローヤルゼリーやビタミンなどのサプリを飲もうとすると、「DHC」があったことに気付き、それも一緒に飲んでみたのです。

すると、翌日、なんかいつもよりもなんとなく書類を作っていても、キーボードで沢山の数字を入力していても、いつもよりも再確認する回数が減り、如実になんか少しだけ頭の回転がUPしたのを感じました。(少し頭のモヤモヤが晴れた感じ)

何故今日は少し感じがいいのかとその時点で分らなかったのですが、帰宅して夜、翌日のためにサプリを飲む時になり「あっ、これだったのかな!」と腑に落ちました。その後「DHA」を継続して服用し、時折飲み忘れた日などもあり、その際の経験から私には「DHA」が効果があると言う事実に確信が持てました。

沢山の計算や書類の作成をしている方、値段も千円以下と手ごろなので試してみる価値ありかもです(o^-^o)

それでは本日はこれで。ありがとうござしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ろはさん」コメントありがとうございます!

慢性前立腺炎で悩まれている全国の皆様、本日も闘病お疲れ様です。

「ろはさん」、コメントありがとうございます!お返事が遅くなりまして申し訳ございません。ゆっくりペースで更新している最近ですが、ゆっくりにも程があると反省しております。(´;ω;`)ウウ・・・

>>「先日、良くないと思いながらも再びドクターショッピングをしてしまいました。」

いえいえ、この疾患に関しては良くないこととはまんざら言えないと思いますよ。だって、「慢全」と言っただけで=「気にしすぎ」と返してくるDrがいるのが現実ですもの(極端ですけど)そんなDrのところに我慢して通ってもかえって無駄な気がします。

>>「そちらの先生は完治させるとは言わないまでも、私の悩み、苦しみ、とTクリニックでの先生とのやり取りについて、一定の理解を示して頂きました。」

それはよかったですね。やはり最低限ある程度は苦しんでいる状況を理解していただかないと進展していかないですよね。

>>「ハルナールも考えたのですが、フリバスの方が逆行性射精の副作用が少ないそうです。」

私も実感しております。ハルナ-ル服用後には如実に逆行性射精の副作用が出ますが、フリバスを服用していても逆行性射精の副作用は出現しません。それで私的には、逆行性射精の強い副作用が出るハルナールの方が弛緩させる効果がより強いのかなと感じております。それゆえ、当時逆行性射精の不快感により継続しなかったハルナールを再度服用してみたいと考えております。

>>「一度Tクリニックを受診してみては如何でしょう?T.Drは怖い&気難しい雰囲気のDrですが、この病に大変に情熱を注がれている先生です。・・・手術を受けるかどうかはまた別問題として考えれば良いと思いますよ。」

仰るとおりですね。同感です。再度TDrを受診された際にはレポートなどもお聞かせください。

>>「メンバーの件、了解いたしました。ただ当方本州中部地方在住です。東京には時間と経済的余裕が有れば何とか伺えるのですが、北海道となると少し難しいです。」

ありがとうございますヽ(´▽`)/  当然OFF会のステージなどは皆様の居住地のバランスを考えて行えればと思いますし、私のほうから皆様の居住地の方面に出向くように出来たらなと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

「ろはさん」、お返事が遅れてしまって大変申し訳ございませんでした、勿論メールでの情報交換、こちらこそよろしくお願い致します。当ブログ右上に「メール送信」とありますので、そちらからメールを送信してください。楽しみに待っていますね。virgo

「ろはさん」いつも本当にありがとうございます。「慢性前立腺炎辛苦の会~URODrよ背を向けるな(無視するな)~」というような患者の会(これでは恨み節過ぎてよけい疎外されますねますね(笑))、患者さんが励ましあえ情報交換出来る会をどうか一緒に盛り上げてくださいませ。

話し変わりまして、私は椎間板ヘルニアになってしまい、手術を考えております(仕事に支障が出まくりなので。)ほんと~~~~~~についていないです。運がない。今はこのストレスを紛らわせるべく何故か演劇を観まくっております。ではでは

Dsc03549 洞爺湖で見かけた女性。とても美しい人だったので僕らしくなく「よろしければお食事を一緒にしていただけませんか?」と最大限の勇気を出して声を思いきってかけてみた。

一瞥もくれずに小声で彼女は何か囁いたけれど、かもめが鳴いていて聞こえなかったのだ。

「Happy People Baby!!」と僕は言ってスキップしながらその場を去った。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

「ろはさん、かずおさん」コメントありがとうございます!

慢性前立腺炎を患われていらっしゃる皆様、本日も本当にお疲れ様でした。

寒くなってきましたし、今年ももう残すところ3ヶ月無いんですねweep本当に光陰矢のごとしですね。

「ろは」さんはじめまして!もう3年になられるのですか。けして甘いなんてことはありえないですよ。

下痢をしやすくなっと書かれていますが、私も消火器症状が慢前になったと同時に非常に著しく悪くなりました。下痢と便秘を繰り返す感じになりました。

>「意を決して上京しTクリニックを受診しました。」

その行動力が素晴らしいと思います。

>「同時に逆行性射精になってしまいました。(服用を中止すれば戻るらしいですが)」

私もハルナールによる逆行性射精は経験しました。仰られるとおり、服用を中止すると治りましたね。私はハルナールは罹患初期の頃に処方され服用している際に、逆行性射精が出現するとすぐさま服用を中止してしまっていたので、中・長期に渡りハルナールを服用したことが実は無いんですね、思い返して見ますと。それ以降ドクターショッピング先のDrにハルナールは「効かない」と話て処方を避けておりました。いけないですね~(汗)考えてみると射精時の違和感(快感の消失)を避けて本来の効果を見定めないままに服用を自己中断していた過去があったことに気づきましたよ。これは、再度服用してもう一度効果を確かめてみる必要ありますね(/ω\)ハズカシーィ

>「私も30代で仕事もしなければいけないし恋愛もしたいですし、将来的には結婚もしたいです。」

私も全く同じです。痛いほど心中お察しいたします。

>「今のままでは先行きが全く見えない暗闇の様です。」

う~ん。僕も全く同じ状況なだけに、あまりにもお気持ちが分かりすぎて逆に言葉が見つからないっす・・・・。

>「良かったら、アドバイス、お力添え等頂けましたら幸いです。」

ろはさん、私は、ろはさんがたとえドクターショッピングと言われようと、沢山のUROを探して診察を受けて、少しでも現状を改善・打破しようと頑張っている姿勢、そして、お住まいはどちらか分かりませんが、遠路東京までTDrのもとに伺い診察を受け、今現在手術も視野に入れ悩んでいること、前向きでアグレッシブでとても感心します。この疾患の重症度が高ければ高いほど比例してDrショッピングの数、遠征の距離が伸びるものと私は確信しています。(自分の経験からですね。)

正直、手術して改善するか、それとも現在の状態よりも調子が悪くなってしまうかは、分かりません。私も含めてこの疾患の皆さんが「手術で簡単に後遺症もさほどなく症状が改善すればどんなにかいいだろう」と夢に見ていると思いますが、現状ではやはり様々な少なくないリスクがやはりあるようで、ろはさんと同じく「手術する」と「手術まではしない」のボーダーの上にて葛藤している人が沢山いると思います。勿論私もです。

私は、TDrのもとで診察をまだ受けたことがありません。その点で正直実際にTDrの診察を受けて比較考量しているろはさんは素晴らしいと思います。私も手術は別にして、診察は是非受けてみたいと思っています。

「手術まではしない」という状況から「手術する」に踏み越えるにはそれなりの「なにか」が必要ですよね。それは個々によってまちまちなわけですが、本当に毎日が辛いだけに悩めるところですよね。

そこでです、もしろはさんがよろしければ「慢性前立腺炎友の会」、OFF会を行うメンバーの一人になってくれませんか!(突然ですいません)と言いますのも、私、この疾患に罹患してしまってからもうすぐ10年になります。ですが、まだ1度も同病の方とお逢いしたことが無いのです。そこで、掲示板やメールでのお付き合いもいいですが、定期的に(年に1回でもOK!!)患者同士でお逢いして励ましあう・情報交換するというOFF会が出来ないかと常々考えておりまして。実際に逢って膝を詰めて話し合うことで出てくることって決して少なくないと思うんです。

失恋や、とても自分ひとりではどうして良いか分からない時、メールや電話で励まされたり、気持ちが晴れたりするのも事実ですが、実際に逢っておいしいものでも食べながら相談して生まれてくる考えにはやはりかなわないと僕は思うんですね。ヽ(´▽`)/ 交換できる情報量も、励まし合える量もです。

すいません。ろはさんの相談を、無理やり勝手に僕の都合を押し売りしてしまいまして。

ろはさん、正直私も、多分沢山のこの疾患の方々も「ろは」さんと全く同じような悩みにぶち当たって同じ状況なのだと思います。(重傷者は)

自分の解決が出来ていない状況ゆえ適切なアドバイスはなかなか難しいですが、一緒に考えることはできます。(o^-^o) 

「かずお」さん、アドバイスありがとです!virgo

Ha~ppy People Baby!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »