« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

「りんりんさん」コメントありがとうございます。

前立腺炎にて苦しまれている皆様、本日も本当にお疲れ様です。

私は、「フリバス25㎎」を、朝1錠服用を再び今更ながら開始しました。最近、尿勢が酷く弱く心配なのでです。昨日から服用始めたのですが、服用直後の排尿にて尿勢がいつもより強く、排尿最中に「排尿時の快感」さえ感じました。「オシッコが勢いよく出るって、こんなにも気持ちのよいことか!!」

と驚きました。本当に。心情的にではなく、排尿中快感として気持ちよさを感じましたよ。

しかしです、フリバスを服用直後は良かったのですが持続しません。私の感じ的には、頓服薬のように効き目が短く感じました。朝飲んで、夕方どころか昼近くの2回目の排尿時には尿勢も元通りです。 まず少し継続して飲んで見ますね。

「りんりん」さんコメントありがとうございます。

>>「しかし苦しさは一緒ですね。どうしますか??手術しますか??
でも手術は削るものであって、また同じ繰り返しで炎症は襲って
きますよ。あとTクリとてただの人間です。あがめられる医師と
考える前に、慢性前立腺炎とは原因不明の難病ですから、簡単な手術で治癒するはずがないと思います。」

一理あると思います。私もうじうじしていないで、高橋Drが気になるのであればまず一度自分自身で診察を受けて、その上で次に進むか止めるかを選択すれば言いだけの話と思うのですが、すっかり姿形だけではなく性格も変わってきたようです。

私は山に籠もり、1年以上仕事していない現状で、人付き合いがすっかり苦手になってしまっており誘われる事があっても、付き合いを避けているような感じになっています。(でも人間は大好きです)なんか主観が強くなり、現在の自分がどういう状況で、これからまず何を行う事が効率よく有効なのかもほとんど分からなくなっているような状況です。気付けば。 完全に仙人化しています。まず何よりも男は仕事だと思いますが、それが体の不具合で上手く対応できない。そこが出発だ。仕事もしないで山に登ったり、海に行ったり、昆布とったり、太鼓叩いたり、植物と会話したり。完全に仙人化しています。

りんりんさん、手術が進化して一般化され、様々なリスクが軽減されて安心して受けられたりするようになるといいのにですね。ありがとうございました。

Dsc03270

海山はもちろんだけど、雲も大好きです。見ていて本当に飽きない。神秘的で、大きくて、とてもきれいで、ゆったりしている。落ち着く。空にある山が雲だ。

科学が進歩したのは素晴らしい事だけど、昔の人は絶対に「あそこまで上がれれば雲の上に乗れる」

「雲の上に乗って下を見下ろして旅したい」「雲はとっても柔らかい」「柔らかい雲の上でのんびりとお茶飲みたい」などと雲を見ながら必ず思っていたと思う。雲に乗るために山の上に
昇った人も多いはずだ」Dsc03271

雲を見ていると雲のうえに乗れないと言うことが凄く不自然なことだ。

そうか、きっと心の純粋できれいな人はこっそり乗っているのかもしれないね。

Happy People Baby.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「なーが」さん、「憲」さんコメントありがとうございます!

慢性前立腺炎患者の皆様!本日もご闘病本当にお疲れ様です。

実は私風邪をひいてしまいまして、ずっと床に臥せっていたり、ネットをしていたりしたのですが(どんな大人なんだ?)その間部屋の中を少し歩くのみで、ほとんど横になっているか座っているかだったのですが、外に出て歩いていないぶん如実に前立腺痛を感じている次第です。最近の前立腺痛は私の中では強い方ではなく、いつも継続して、けして消失する事のない基本的な痛みなのですが、これが酷い。じっくり感じるととても酷い。酷く痛いです。右の玉も痛い。 困りますよ。

「なーが」さんコメントありがとうございます。

>>「高橋クリニックでの診察についてですが、僕が伺った泌尿器科の中ではダントツに分かりやすかったと思います。エコーでは先生と一緒にモニターを見ながら、事細かに解説してくれます。分からない事は質問すれば教えてくれます。」

そうですか、それは良いですね。エコーでモニターを見ながら事細かに教えてくれるのは、まさに私の求めている事です。

>>「とりあえず今自分の身体で何が起きているのかは納得出来ると思います。」

本当ですか!それが一番のテーマですよ。多岐で多様な症状、お医者様には軽微だととらえられるものを含めて様々な所見。これらがどう繋がっていて、どの症状を起こしていてどう対処すればよいのか。 

現在、再就職活動中で、時間がある程度取れる状況。手術には決断出来ないけれど、まずは診察のみでも受けてみるのは良いかも、です。はぁ~っ。東京行ってみようかな?!

「憲」さんコメントありがとうございます。

>>「やはり消化器症状が強く、腸の蠕動が弱くなり、腹満感が強くお粥、うどんだけの食事が多いでした。妻にも今日は何が食べられるのか聞かれ、落ち込む日が約1年有りました。」

「憲」さんにも消化器症状が出たのですね。

>>「うつ症状(不眠、早朝覚醒)にもなりました。これにはデパスは効果ありました。しんさんはいかがですか?」

疾患を持ってからと言うもの、私も寝つきは酷く悪くなりました。夜床に入っても何故か体が妙に緊張している事が多くなってしまったんですよね。思うに、罹患以来、泌尿器科領域(腎臓含む)の不具合が体全体に影響していて、その異常を脳が認識(察知)することによって緊張が生じているのではないかと感じます。最近はすんなり寝れるようになってきてはいますが。

デパス・ソラナックスは頓服として現在でもたまに(1ヶ月に何度か)服用しています。私の場合、前立腺の痛みそのからくる不快感を耐えられなくて服用すると言うのもありますが、どちらかと言えば胃腸の酷い不具合を緩和させたくて、胃腸の不具合から来る口臭を人と接する際に非常に気になり辛く苦しいので、そのメンタル面をカバーするのに服用してます。 だけど、だけどですね、私はどうもデパス・ソラナックスなどの精神安定剤で副作用が出やすい体みたいなんです。(精神安定剤のみならず、全般的にどちらかと言うと薬に強くないタイプだと感じています。)

デパスや、ソラナックスなどの精神安定剤を服用していると、イライラ・怒りっぽくなる・落ち込みやすくなる(気持ちが弱くなる)ことってありませんか?

私はあるんです。昨年の初めにはじめてソラナックスをメンタルにて処方してもらい、服用してみました。私はこの手の薬には頼りたくないと言う気持ちが、どうしても心の中に強くあるのですが、その際は「長年の闘病で疲れきった体をリラックスさせる事も必要。」と感じ有る程度の期間服用してみようと思いました。それで実際服用すると、思いのほかリラックスできるし体にも合う感じがしたので1週間くらい毎日1錠服用しておりました所、些細な事でもの凄い怒りがこみ上げる出来事がありました。(出来事とは、雪で車のタイヤがぬかって身動きできなくなった事です(笑)) たかがこんな事でなんとも言えない激しい怒りが強く起こってきて、通常ではあり得ない感情でまた、怒りの立ち上がり方に通常では経験がない感じだけに直ぐに、「薬が影響している」と感じました。それ以降、たま~に頓服で使用するくらいにしています。(デパスはこのような怒りなどが起こることは私は経験ないです)

又、デパスも、服用頻度が高くなると特に朝の起床時に凄く心が弱くなっていて「布団から出たくない」「もう何もかもするのが面倒くさい」「持病は治らないし、そのせいで仕事も人生も上手く行かないし、このまま寝ていたい!!」などと気持ちが一瞬凄く弱くなるのです。それで、病院の予約をキャンセルしたり、予定を変えたことが何度かありました。

「どうもおかしい?」と思い服薬のノートを見てみるとデパス・ソラナックス・コントールなどの安定剤を服用した後にいつもそんな感じになる事が多いのです。服薬をやめるとそのようなことはなくなります。憲さんはそのようなことありませんでしょうか?

そんな感じですので、服用は最小限に抑えております。

>>「上部消化管内視鏡で萎縮性胃炎と有りましたが、粘膜がひ薄化し血管透見像が強かった為萎縮と言われたかもしれません。加齢で来る胃粘膜の腸上皮化生の萎縮とは違うと思います。可逆的な粘膜変化と考えます。」

腸上皮化までは進行していませんが、不可逆的な粘膜変化です。

>>「腎盂腎胚の拡張、腎機能障害(Crの上昇)は腎後性腎不全の進展の可能性が有ります。閉塞部の早急の解除が必要と考えます。尿路造影(CT)などで確認して下さい。」

私もそう思い、一番心配し、早急に対処しなければならないと頭を悩ませております。しかし、尿路造影では明確な狭窄部分は所見として見られないようです。前立腺の腫脹でしょうか。

>>「胃腸症状はジンジン感(炎症)による神経性の蠕動不穏に由るものと栄養障害によるものと考えます。消化管は思いの他、感情に左右されます(機能性胃腸症など)」

仰られるとおり胃腸は大きく感情に左右されると思うのですが、それにしても胃の器質的変化の進行度が強いので驚き、困っている現状です。

>>「なので、排尿障害と力学的炎症の改善がはやりこの疾患の治療方針と考えます。皆さん、自分のそうですが、はやり不定愁訴ととらわれ易い疾患であり、周囲、泌尿器科医も取り合ってもらえず、大変苦労する疾患です。T先生が気難しくなるのは良くわかります。所見を重視し、加療されるように希望します。頑張ってください(うつ状態の方には焦らずに)。」

ありがとうございます。本当に、気付けば果てしない場所に来てしまいました。健康な体を少しでも取り戻し、社会的責任をしっかり果たしたいです。苦労でこの10年で顔かたちもすっかり変わり果てました。

ちょっと最近高橋Drに診察して欲しい気持ちがいつになく高まっている今日この頃です。

「なーが」さん、「憲」さん、いつもいつも貴重な情報・アドバイス本当にありがとうございます。この多岐にわたる多様な症状が治る日が来ることを現在ではちょっと想像できませんが、最善を尽くし天命をまっとうしたい(何歳か分かりませんが。36歳かも、キャー)です。

だって、とうとう今月で、10年目を迎えたのです。

「10年目を迎えたと言うことで、コメントをお願いします!」

「地獄谷」

Happy People Baby.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ひろ」さん「なーが」さんコメントありがとうございます!

全国の慢性前立腺炎の皆様、本日もご闘病本当にお疲れ様です。

今日も前立腺痛が酷く痛いです。胃の重苦しさも当然変わらないです。落ち込むぜ。

「ひろ」さんコメントありがとうございます。

>>「お問合せの問診の時間についてですが、すみませんが私もはっきりと覚えていません。
印象としては普通の時間だったと思えます。
特に短い診察で事務的に問診をすませているとは思いませんでした。」

そうですか。なんかほっとしてしまいます。問診があまりに短く(ほとんどないような感じ)、「この検査受けてみて」→「うん、異常ないみたいだね経過観察しようね」→「この薬飲んどいて」と言うようなスピード感溢れる感じでは何度診察を受けても治らないだろうと、過去に何度も経験しているだけにです。

また、エコー検査も、凄く時間が短い先生では所見が見つからない事がありました。(腎盂・腎盂尿管移行部拡張所見)しっかり時間をかけてエコーをかけてくれる先生では出ます。手技の熟練度もあると思うのですが、検査結果に違いが出るとあながちそうとも言えないような気がします。

>>「あと、手術適応の話しがあったのは私が受診したときの話しだけだと思います。
あれから2ちゃんねるの掲示板や先生のブログを見ていると、αブロッカーにて様子を見るというのがスタンダードになってきている印象です。」

そうなんですね。掲示板なんかでコメントを見ると、初診か2回目の受診くらいで手術をするかどうか問われたような印象の経験談がとても多く見られたようなイメージがありましたが、αブロッカーにて様子見が定番なのですね。

うーん、私はなんて我儘な患者なのだろう。αブロッカーにて様子見なら近医でも可能です。ビバリーヒルズ大田区まで伺うまでもない。ですが、伺って、ウロフロとエコーにて「手術適応ですがどうする?」ではどうも即断できない。

私が求めているのは、高橋Dr流の蓄積したEBMの入念な説明のようです。それらはDrのブログにたくさん書かれていますが、私が馬鹿なのでどうもしっかりと納得・理解できていないようです。それと高橋Drはあくまでも私のイメージとして、受診者の個々の所見・症状に対する手術の見込まれる有効性と術後の展望とリスクを診察の現場ではあまり子細に語ってくださらないイメージがあります。

端的にイメージとして「排尿障害ありです。間違いない。手術適応です。希望があれば執刀してもよいですよ。考えてみてください。」と言う感じで、あまり自分の所見・症状と手術については画一的で多くを語ってもらえないイメージがあります。Drのブログと、Drブログの患者さんのメール、掲示板の体験談等から。(全くの個人的意見です)

>>「私も最初に膀胱鏡検査をされるものと思ってましたが、ウロの結果に異常があれば膀胱頚部を疑っていいと先生が判断されているものと思います。
今は初診時から3Dエコーを使って見てくれると思いますが、それでも手術当日の膀胱鏡で膀胱出口に異常がなければ手術を中止することもあるんじゃないでしょうか。
手術をする、しないはあくまで患者さん本人の希望を尊重してくれると思います。」

3Dエコーですか。興味がわきますね。

あ~っもう先生に怒られに一度伺ってみようかな。帰りに麻布十番で焼き鳥でも食べてね。

このままでは停滞状態だし。停滞は淀むよ。

「ひろ」さん本当にありがとうございます。お互い手術に揺れ動きつつも戸惑う気持ちは同じかと思います。私も一度受診のみでもしたいと言う思いが揺れ動いています。

「なーが」さんコメントありがとうございます。

>>「ちなみに僕が実際に受けた手術の様子が高橋先生のブログに「若い人の排尿障害」というタイトルで掲載されています。http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/2008/11/post-d26d.html#more

早速じっくりと拝見させていただきますね。

ブログの方にも遊びにいかせていただきます!!

「ひろ」さん、「なーが」さん、いつかお逢いしましょう。それまでにお逢いしても恥ずかしくない状態に私自身しなければなりません。

Happy People Baby.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「憲」さん、こめんとありがとうございます!

慢性前立腺炎にて闘病中の皆様、本日も本当にお疲れ様でした。

私は今日もいつもの事ながら前立腺痛が強く、ここ最近私生活で上手く行かない状態にあり、同じく完全に固定化している酷い胃の重苦しい痛み、最近特に気温が低く寒い中でのすっかり酷い冷え性になってしまった体の辛さなどが、一斉に押し寄せてきて生活が乱れてしまいそうな気配を感じ怖いです。

持病で非常に苦しい中で、心が落ち込んでくると雪だるま方式で一気にへこんで生活が乱れると言うことが、この疾患になってから何度となく経験していましたので、体が持たない仕事も辞め転職を考え、住居も海と山・川の付近と言う最高の環境に引越し生命力の回復を試みて、かなり精神的には回復し、パワーアップを図り、クリアーになっていたのですが、なんか一回挫けそうな気配だ。これが夏ならなー!! 毎日海辺で過ごすことで一気に心の縺れも、

一喝!! 出来るのにね。海(生み)の力はあまりに偉大(医大)です。目の前に素晴らしい山があるのに寒すぎてスキーをするバイタリティーがないです。

「憲」さん、お久し振りです。久しぶりのコメントありがとうございます。

>>「ウロフロはほぼ正常でしたが、自分は前述したように排尿前後に症状があり、自分でも排尿障害があると考えておりました。」

ウロフロが正常という事は、普段の排尿の際のオシッコの勢いは問題なく出ると言うことですよね。それでいて排尿障害を自覚されていたのですね。少し不思議に感じてしまいますが、尿勢に変わる何か別の感じる症状があると言うことなのでしょうね。

>>「経過は半年間は体力は改善しませんでしたが、現在はほぼ問題ない状態です」

排尿障害を改善させると体力の低下が回復する。そう言う関連がやはりあるのですね。だけど、どういうメカニズムで尿勢が良くなると体力まで回復してしまうのでしょうかね?本当に不思議です。排尿障害で下部尿路に通過障害が起きていて、腎臓など上部尿路にまで影響があり腎機能が低下して体力が低下するのは分かりますが、多分、腎臓など上部尿路は関与せずに体力まで低下してしまうのですよね。どうしてなのでしょうかね。私も体力は著しく低下しています。ですが、上部尿路にも、尿管の拡張(軽度)腎盂・腎盂尿管移行部の拡張などと、異常所見が年月の経過と共にポロポロ出てきています。クレアチニンも上昇傾向ですし。どう関係しているのだろう? うん、腎シンチオーダーしてみます。

>>「術後はすぐに排尿障害は消失しました。幸いにも再狭窄は無く、順調に経過しております。」

それはおめでとうございます。逆行性射精の後遺症もないとの事で、本当に良かったですね。

私も一度伺ってみたいなぁ。本当に気になります。しかし、私のこの、前立腺炎(激しい前立腺の痛み、尿勢の著しい低下)と診断されてからの「胃・腸」の著しく激しい不調は一体どういうことなのでしょう??説明がつかない

前立腺の痛み・尿勢の低下と同時に、絶えず胃を強く握られているかのごとく酷い鈍痛が支配している。いつも消化不良。ウンチも下痢か便秘かのどちらかだ。そんなこんなで今年の胃カメラでは萎縮度Ⅲと。

UROのDrに聞いても「関連性は分からない」と。 「気持ち的なものではないか」と。そりゃ確かに体の調子が優れないのだから健康の状態よりは苦にはなる。だけど、ただそれだけのこと。困ってはいるけどそんなに思いつめて悩んではいないし、それだったら学生の頃などにもっと悩んでいた時期があったけど(包茎で・・ウソウソ!!)胃なんてこんなに痛くも鈍痛もなかった。

以前に何度か行ったメンタルの先生に、「胃カメラ飲んだら萎縮度が進んでいると言われたんですが、精神的なものや、ストレスでここまでの胃の器質的変化ってあるものですか?」と質問してみても、「ない」と言われた。潰瘍などは起こる事が考えられるけど、萎縮するなんていうのはストレスではないでしょうと言っていた。実際、困ってはいるが、そんなに思いつめて悩んではいないよ。

この胃腸の症状はなんなのだ。摂生しているのに。

それで、胃腸が酷く悪いものだから、ラーメン、お肉、揚げ物、油物など消化に悪いもの(脂質多いもの)をここ1年以上かなり出来る限り控えている。すると、胃の調子は少しだけ改善しつつあるが(ほんの僅か)お、恐ろしいほど痩せた!!現在、54kだ。ここ怖い。平均が62キロ位で、4年位前は65キロくらいあった。もうガリガリだ。やばい。皆にも「うわっ、痩せた!!ガリガリクン」と驚かれる。 元々痩せ型なのに更に酷く痩せて、見る影がないよ。

しかし、太りたくてお肉や、脂物などを食べると→酷い胃痛が起こるので、食えないんだよね。一体どうしてこうなってしまったんでしょう??苦しみのスパイラルだ。

おっと、愚痴ってしまいましたが、前向き・前向きに行かなくてはいけませんね。スイマセン。「憲」さん、情報をありがとうございました。このまま症状が安定していって完治されることを心よりお祈りいたしております。

Happy People Baby.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なーがさん、ひろさんコメントありがとうございます!!」

全国の慢性前立腺炎にて苦しみながら闘病中の皆様、本日もご闘病本当にお疲れ様です。

「なーが」さんはじめまして、こちらこそどうかよろしくお願いいたします。

>>「僕は現在18歳で、慢性前立腺炎を患っており、昨年の11月末に高橋クリニックで内視鏡手術を受けた者です。」

まだとてもお若いのに。お察しいたします。なーがさんのようなお若い方でも発病してしまうのですね。改めてこの疾患の恐ろしさを感じさせられます。前立腺肥大と慢性前立腺炎は、そのタイプによっては有意な関係があるように感じることもありますが、そのご年齢なら前立腺の肥大などとは多分全く無関係となりますよね。

しかも、高橋クリニックで治療なさられたのですね。初診から高橋Drのクリニックだったのでしょうか?やはり、何件か泌尿器科を受診されてからネットなどで調べ高橋クリニックを受診と言う流れでしょうかね?

>>「術後3ヶ月あまりが経った今は痛みが術前の1.5倍位に上がっています。ちなみに会陰部痛です。痔も併発しています。

先週から週2回、全10~20回の神経ブロックが始まりました。

毎日痛みが辛く、滅入っています。」

術後3ヶ月で痛みが1.5倍ですか!さぞかしお辛い事とお察しします。週2階の神経ブロックを施行中なのですね。全10回~20回終了する前に(なるべく早い回数で)しっかり効果が出て楽になれるように切に祈っております。

「なーが」さんは未成年でおられますので、やはり手術に際しては、御両親と相当なお話をされたのでしょうか。高橋Drから御両親へも説明などがあったのでしょうね。きっと高橋Drのクリニックで手術を決断されるまでには、他の泌尿器科の受診を含め、疾患について色々調べ、相当熟慮されたと思います。

その結果が手術であって、現在手術も終えられたのですから、「なーが」さんきっと術後半年を迎える春までには完治、痛みの術前よりも大幅な改善を信じて頑張りましょう。 そして、どうか今後の経過をお教えください。必ず「なーが」さんと同病で痛みで苦しまれている皆さんの、貴重で大切な情報になりますので。よろしくお願いいたします。

もし、万が一「なーが」さんの痛みがひかない際には(縁起でもないこと申し上げてスイマセン)、私も、このブログを見てくださっている皆さんも、出来る限りの力で応援し、励まし、一緒に考えますので!

今は産みの苦しみとなんとか頑張って乗り越えましょう。心より応援しております。

仲良くしましょうね!!よろしければですが「なーが」さんのサイトのアドレスも教えてくださいね。(無理しないでくださいね)

「ひろ」さんコメントありがとうございます!

>>「クリックのブログにも書いてありますが、

問診(今までの経緯を話す)

エコー

ウロフロ(?)計に排尿

エコーで残尿の量を確認する

先生の話しを聞いて、αブロッカーを処方される。

というのが一通りの流れです。
最後先生の説明で私の場合は、手術適応の範囲ですと言われましたがその場で手術の申し込みをせずに帰りました」

エコーと、ウロフロでαブロッカーの処方なのですね。エコーとウロフロのみで、もう手術適応との診断が出て手術を申し込むか否か選択する所まで行くのですね。ちょっとスピーディー過ぎる様な気が臆病な私はしてしまいますが。現在では手術を選択する際の確定診断(?)としての膀胱内視鏡検査は行っておられないのでしょうかね?やはり3Dエコーが膀胱鏡を代替しているのでしょうか。

あくまでも私の私見ですが、ちょっと、1度の診察で「手術か否か」は選択できないっぽいです。きっと、αブロッカーにて様子を見て2~3回目の受診にて服薬の効果がなければ手術の選択肢が出てくる。と言う流れもあるのではないかと思うのですが。

個人的には、エコーで所見を見られて→手術  と言う流れよりも、

膀胱内視鏡にて所見を見られて、モニターを見ながら私にも所見の説明をしていただいて→手術  と言う流れの方が納得できそうな感じがします。(エコーよりも膀胱内視鏡の画像の方が鮮明なのでby素人意見)

ただ、高橋Drのブログで拝見する「3Dエコー」なるもので検査してもらった経験が無いですし、3DエコーVS膀胱鏡 のどちらがこの疾患に(個々の症状によっても変わるかもしれませんが)適しているかも自分では分からないのが辛い所です。(ただ、高橋Drが膀胱鏡から3Dエコーに変えられたのでやはり、前衛的ですがよりそのほうが良いと言うことなのかもしれませんよね。)

 >>「注意点は、排尿を我慢出来るところまで溜めて受診することです。早い時間に行けば待合室でゆっくり飲み物を飲んで、尿を溜めるという事も出来ます。
とにかく早い時間に受付をしたほうがいいと思います。
あと、先生は気難しい人のため(本人は開き直ってますが)注意してください。

あと何か聞きたい事があったら言ってください。」

本当に尿を溜めた状態にて受診するってたいせつなことですよね。実は、昔は、「オシッコを溜めているかいないかくらいで、そう大きな違いはあるまい」と思っていたのですが、腎臓内科にてエコーを受けた際、蓄尿時のみ、腎盂、腎盂尿管移行部の拡張所見が出現したので驚きました。

き、気難しいのですか・・。ちょっと怖い・・。

>>「いつもも不思議に思うのは、慢性前立腺炎症状でも人によって症状のタイプが違いますね。
Tクリニックでは症状のタイプ別の治療結果というのは公表されてませんが、もし手術成果の高い前立腺炎症状とかがあったら知りたいと思います。
ウロフロパターン別でもいいから。」

仰られるとおり、この病名は他に診断のつけられない色々な症状の患者さんたちの寄せ集めてきな側面もありますので。

私も渇望いたします。「ウロフロで排尿障害が顕著でも、1日の排尿回数が正常で、前立腺の触診でほとんど正常であまり痛がらなく、比較的日常の会陰部の痛みも軽めの患者さんの術後を追跡した結果はあまり良くない」ですとか、「ウロフロにて排尿障害は軽度でも、1日の排尿回数が頻回で、前立腺触診で硬く、強く痛みを訴え、日常の会陰部痛が強い患者さんの追跡結果は良好な事が多い」

などと分かってくるといいですよね。そこから見えてくるものがとても多いと思います。

「ひろ」さん貴重な情報ありがとうございます。もしよろしければ、問診の時間、エコーを実際にかけている時間トータルでの受診時間などをおおよそで結構ですので教えていただければ幸です。時間では、示しづらいと思いますので、今まで掛かった他の泌尿器科の先生と比較して「長めだった・短めだった」でも結構です。

変なことお願いして申し訳ございません。問診時間についても、エコー検査の時間についても、今までの度重なる受診経験から、著しく短い先生と長く取ってくれる先生では時間にして5倍以上の差があるので(同じ病気・症状で受診しても)気になってしまいました。(もし覚えてらっしゃったらで結構ですので)

「なーが」さん、「ひろ」さん貴重な情報本当にありがとうございました。春に向かって症状軽減を合言葉に向かっていきましょう。

Happy People Baby.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ひろ」さんコメントありがとうございます!

慢性前立腺炎でご闘病中の皆様、本日も本当にお疲れ様です。

私は、昨日から超久々に、小林製薬の「ノコギリヤシエキス」を再び購入し飲み始めました。原点回帰と申しますか~なんとなく改めて飲んでみたくなりまして。 ほんの微塵でもジンジンと腫れから来るような痛みが軽くなってくれると嬉しいですが。なんか今更ながらノコギリヤシに興味が湧きました。服用していた6年前には「こんなもの効くわけは無い!!」と確信していたので、非常に不規則な服用でした。

「ひろ」さんコメントありがとうございます。

>>「このどうしようもない不快感がある限り、今の人生なかなか前にすすめずにいます。やりたい事を諦め、休日には外出も控えなくてはならない生活です。(仕事にはなんとか出れています)」

やりたいことを諦めたり、外出を控えられるなんて、「こう」さんも私と同じく相当重症な症状なのですね。心よりお察しいたします。

>>「Tさんのコメント通りTクリニックで手術をすれば本当によくなるんでしょうか?
私は、一度T先生に診察をお願いした事がありますが結局、手術のお願いは出来ませんでした。
理由は、術後合併症の逆行性射精が起きる可能性があるからです。
将来子供も欲しいと考えているため手術への決心が鈍ります。」

本当に良くなるかどうかは、一番の関心事であると共に私も分からない所ですね。もっと、実際に本当に手術を行われた方のコメント・感想をお聞きしたい所です。

一度診察なさられたのですね!診察内容的には具体的にどのようなものだったのでしようか?とても関心があります。手術はしなくても、診察だけでも他の泌尿器科を受診された時とは、大きな違いがありましたのでしょうかね。

仰られるとおり、逆行性射精は怖いですよね。子供がいて、ある程度の年齢ならば疾患による苦しみとのバランスを考えて踏み切ってみる事も大いに考えられると思うのですが、未婚で三十代の私でも大きなネックです。また、高橋Drのブログの患者さんのコメントを拝見していると、あくまでも私が拝見した範疇では相当の方が再手術を受けられているようで、もし、万が一私がDrに手術を懇願したとしても、最悪の場合手術で結果が出ず、もう一度手術を行っているのでそれであれば効果を得られないのは損だと、再手術・再手術のスパイラルに陥るような状況が想像できてしまって・・。プラス、前立腺炎のデフォルトの痛みに加えて手術を行った事による痛みなども順調に喪失せずに、手術を行った事による痛みや、逆行性射精などの不具合もデフォルトの痛みに加算されるような事態に、万が一なってしまうと・・。もう、大変な事になってしまう。そのような最悪の事態をどうも、手術を行った患者さんのコメントを拝見して感じてしまったりします。 ちょっと心配な面、ネガティブな面のみを一面的に強調して書きましたが。

>>「しかし、いまのこの辛い状態のままでは結婚すら気が進まないのも現状。
一体どうすれば???と毎日、そんなことばかり考えています。」

全く私も同意見、同じ状況です。

愚痴ばかりですみません。

愚痴大歓迎で~す!!

「ひろ」さん、本当に辛くて、解決方法も無く、悩み多い毎日ですが、お互いほんの僅かずつでも良くなるように進んでいきましょう。

高橋Drは近年学会発表なども積極的に行ってくださっていて、やはり慢精前立腺炎患者の私たちにとっては注目の先生ですよね。先生の研究が益々進化し、それが公表され認められ、他の医師も追認を行いはじめるくらいになるほどになってくれる事を、祈りますよ。

いつもブログで何か少しでも症状を軽減できるような見込みのある、情報などをお伝えできればと思っているのですが、なかなか私の勉強不足で、無いものですな~。

Happy People Baby.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「T」さんコメントありがとうございます。

Dsc03263 全国の慢性前立腺炎の皆様、本日もご闘病本当にお疲れ様です。

私の旧式サイバーショットではこの素晴らしい美しさを現実の10分の1もお伝えできない事が悲しいですが、「小樽道の明かり」です。

ごく簡単に申し上げますと、雪と蝋燭の明かりのコラボです。

ロウソクと雪。北海道民にと

Dsc03266 ってはとりわけたいしたものではありませんが、これが上手く交わると夢のような美しいおとぎ話の国へと、疲れきった中年男も誘ってくれる程の「ファンタジー」です。

現在少し酔っているのですがよろしくお願いします。今日は安ウイスキーに(サントリーブラックニッカ。890円位で購入)、レモンを絞って、氷たっぷりでやっています。美味し!!です。

Dsc03264 「T」さんコメントありがとうございます。もしかしてT先生ですか?病床にしん吟(変換されませんでしたしんは口偏に申す)し彷徨する哀れな私を見かねて、改善させる自信と確信を感じ、Tクリニックに誘ってくださっているのでしょうか??違うかも?失礼いたしました。

>>「もはやTクリニックしか治る望みはないと思います。
私の経験から、まず間違いなく」

「T]さん、その根拠はなんですか?やはり自身が改善されたと言うことなのでしょうね!?詳細を求む。

>>「顕著な排尿障害と、それによる関連痛だと思います。Tドクターは、とても患者思いの素晴らしい医師です。安心してください。」

Tさん、(T-PainのTではないですよね!?)やはり、私は排尿障害があります。尿勢が酷く弱いのですからしかりですし、エコー検査にても尿管の拡張・腎盂・PUJの拡張所見が月日の経過と共に出現してきたので、これは排尿障害の影響であることが間違いないと思います。顕著な、著しい、排尿障害です。 排尿障害があることは間違いがないようです。

>>「日本であなたのような病状を診断でき、かつ治せるのは、現在のところ、彼しかいません。」

おっと!!マーティン・ルーサー・キング牧師のような影響力のあるお言葉。(私には)

マジですか?その根拠は? ん~。一度は診て欲しいと確かに思ってますよ。だけどなんで伺っていないのだろう。 なんでかな。

Dsc03267 運河に浮かぶ雪に包まれた無数のロウソク。

それは、溜息の出るほどの美しさ。今日はプラス1度~マイナス1度前後の比較的暖かい夜。

だけど、手足は凍え、吐く息は真っ白な夜に見る雪の中のロウソクの灯火。

ここは、小樽の朝里という所。札幌の雪祭りもいいですが、小樽道の明かりの方が大人のカップル(独りでも勿論OK)には感じ入るものがありそうだ。是非来て小樽のファンタジーを感じてください!!

僕は昨年から札幌から~小樽市民に変わったんですよ。今ではすっかり。海と、山の子供だ。(酔っててスイマセン)

T先生に1度診てもらうかな!?東京か、今の僕には遠いな。お金ないから。歩いてはいけないし(海がある)。行ったら六本木ヒルズに、ミッドタウン、サンシャイン60(古い?)を写真に収めなくてはならないし。(高層オタク)

でもね、毎日辛いよ。体が180℃逆転。ほんとにT先生は治してくれるの??

でも、「T」さんありがとう。

今日、以前から持ってたアルバム「スティーウィー・ワンダー」の「木星」のライナーノーツを読んで、改めて歌詞を見た。凄く感じ入るものがあって、歌詞を読んでいる間に涙が出た。とっても良い曲だ。お薦めです。

きっと、いつか、オレンジの雪を見る日が来るのかもしれない。

Happy People Baby.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

りんりんさんコメントありがとうございます。

全国の慢性前立腺炎の皆様お疲れ様です。

私は再び悩みモードに突入です。

先が全く見えない。現在の体の状況では何も出来ない。

困っています。

りんりんさん、お疲れ様です。メンソレータムは、ちょっと怖くて出来なそうです・・。想像するだけでオチィンチィンが冷たく、「ツーン」としそうです。

あ~あ。どないすんべえか。 おらとこの米びつも尽きてきただよ。

Happy People Baby.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

耐え難い痛みと辛さ。うぐっ・・

慢性前立腺炎にていつも頑張られている方、本当にお疲れ様です。

右精巣痛が酷いです。結構前から。ほとんど常時大なり小なり痛い右精巣ですが、JRに立って乗っている際には必ず痛みを改めて再認識しました。

きっと汽車が揺れるので両足、下半身に力を入れる。その際に右精巣を「ああっ、い、痛い」と再認識します。普通の状況で立っていてもそう感じないことから、やっぱり汽車の揺れに対応して下半身、両足に力を入れると痛みが激しくなるようです。

それだけではなく、黙っていても非常に痛い。私のケースは右精巣痛がいかなる状況でも完全にデフォルトで(前立腺痛と同様)もう完全に慢性化しているのですが、その中でも痛みが激しい周期があり、それが訪れてしまったのでしょうか?いえ、以前の痛みの強い周期の際よりも痛みが強くなっているように感じます。

凄く痛い。もの凄く痛いです。辛抱しがたいです。

デフォの鈍痛が倍化して、尚且つ「チクチク」というような?胃痛に起こりがちな鋭い痛みも時折混じります。

苦しみのハーモニー。 この苦しみを僕がトランペットが堪能だと、マイルスの「死刑台のエレベーター」のような曲が生まれるのかな?

とにかく痛いです。最近ずっと続いています。

かなり以前の診察にて「慢性前立腺炎の関連痛でしょう」と一蹴され、当時もなんか違うような感じはしながらも納得しようとしていましたが、現在思うにこれは前立腺炎の関連痛とは別では!?と思っています。器質的にも硬くなってきているし。僅かに腫れているし。

お医者さんに見ていただいても「なんでもないのでは?」と言われたから、「関連通の痛みだから」と無理やり思っていたのでいつのまにか

「我慢しなくてはいけない痛み、気にしすぎてはいけない痛み」

のように解釈していましたが、

それって正しいのか?このままでは良い方向に向いていくことは無いのでは??? と強く最近思います。

書店で「ウロロジービュー」か「臨床泌尿器科」を立ち読みしていると、「精巣梗塞」の症例が載っていた。症例が非常に少なく、見過ごされる事がとても多く、事例として出ていた患者さんも何軒目かの泌尿器科でやっと発見されたようです。とても強い痛みが出るらしい。

前立腺炎と切り離して、精巣痛で診察受けなくてはいけないと感じています。

だけど・・・ですね、完全に病院嫌い、特に泌尿器科嫌いになってしまった~!!

正確にはURO恐怖症。完全に怖い。「子供が良い事をしているのに、親が褒めなかったり逆に叱ったりすると、性格がとっても歪んでしまうらしい。(当然だよね、可哀想だ!)」

そんな感じです。「行かなくてはいけないと言う気持ちと」、「もう泌尿器科の看板も見たくない」と言う気持ちが交錯していてとっても辛いです。

この精巣の激痛から酷い胃痛も起こっているのか???

誰か助けてーー

こうさんの気持ちが痛いほど分かりますよ。キンタマ片方取りたい。

Dsc03230

ドガーーーン!!(T_T)

僕の心の中。

          

Happy People Baby.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »